HOME > 史跡一覧.地図 > 加茂遺跡

国指定史跡 平成27年3月10日指定

加茂遺跡
 縄文〜中世(古代中心)
 津幡町字加茂ろ18番など
 指定面積 46804.96平方メートル


河北潟と宝達山脈とに挟まれた平野部に位置し,加賀国・越中国・能登国の境界付近にあたり,遺跡の東端付近を北陸道駅路が通過している。
平成12年の調査では,駅路側溝に連結する大溝から百姓の心得を記した加賀郡傍示札をはじめとする複数の木簡が出土し注目を集めた。

河北潟につながる東西方向の南北2本の大溝に沿って,倉庫をはじめとする複数の掘立柱建物や仏堂跡が検出されている。
駅路の敷設と廃絶時期が南北二つの大溝周辺の掘立柱建物群の成立時期と廃絶時期に合致すること,二つの大溝は遺跡と河北潟を結ぶ運河としての機能が考えられ,大溝の岸に沿って倉庫群が造られていることなどから,この遺跡は日本海の海上交通と北陸道駅路を用いた物資の運搬に関わる公的な性格が考えられる。
また加賀郡傍示札等の出土木簡からは,百姓の管理のための施設や関としての機能も有していたことが推測される。
水陸双方の交通に関連する施設であるとともに,百姓の管理などさまざまな機能を持った加賀郡家(郡衙)の出先機関である可能性が考えられ,奈良時代から平安時代の交通政策のみならず,地方支配の実態を知る上で重要である。

inserted by FC2 system