HOME > 史跡一覧.地図 > 加茂遺跡


松根城跡の縄張り復元図(金沢市文化財保護課HPより)
国指定史跡 平成27年10月7日指定

加越国境城跡群及び道(かえつくにざかいしろあとぐんおよびみち)

 切山城跡(きりやまじょうあと)

 松根城跡(まつねじょうあと)
 小原越(おはらごえ) 
 石川県金沢市松根町・富山県小矢部市内山等
 指定面積  116,131.04平方メートル


北陸道から分岐する旧街道沿いに整備された戦国期の遺構群で、切山城跡・松根城跡・小原越により構成される。加賀前田方と越中佐々方の攻防の舞台となった天正12年(1584)の小牧・長久手の戦いに関する遺構群として貴重である。
切山城跡は、越中側に大きな堀を設けており、佐々方に備えた前田方の城である可能性が高く、逆に松根城跡は加賀側に大きな堀が認められることから、佐々方の城と考えられる。 

両城跡の年代は、その構造、出土遺物、文献史料などから天正12・13 年にほぼ限られ年代的な整合性が高いほか、松根城跡の堀によって小原越が切断されており、城が街道を戦時封鎖していることを考古学的に確認できた事例として貴重であり、城郭史研究における城と道の関係に新たな視点を示すと共に、当時の加越国境における緊迫した状況を伝える遺跡と言える。 

inserted by FC2 system